Jump to content

FUCHSグループの沿革

85年にわたるFUCHSの歴史道標

1931

マンハイムにて RUDOLF FUCHS社を設立。ペンシルバニア州の高品質石油精製製品の輸入および販売を開始。現地エンジンオイル事業の開始。

1936

独自製品の製造を開始。ミュンヘンに最初の代表事務所を開設。

1939

第二次世界大戦の開戦。ペンシルバニア州からのオイル輸入の中止。従来のオイルサプライヤーの喪失。マンハイムの工業港へ移転。

1945

第二次世界大戦の終戦。販売収益の大幅な赤字転落。

1947

再建産業分野への資源供給事業に従事。

1948

ドイツのレーシングサーキットへFUCHS潤滑油を初導入。

1951

FUCHS LUBRITECHの設立。

1952

社員総数が初めて200名に達成。

1959

創業者Rudolf Fuchs氏の死去。

1960

Dr. Manfred Fuchsが本社を受継。

1968

フランスおよびスペインにおける支社設立により国際化への第一歩を実現。

1971

FUCHS製品ポートフォリオの特化。マンハイムにて、当時33名の社員が研究開発部門および品質管理部門に従事。

1972

企業をグループ会社に移行。1972~1991年間で合併および買収により事業を大規模拡大。

1981

設立50周年記念。80社の生産会社および販売会社を設立し、多様な事業分野を対象としたグループ会社に成長。

1985

FUCHSが株式市場上場を達成。フランクフルトおよびシュトゥットガルト株式市場にて優先株式に上場。

1991

潤滑剤事業買収後、FUCHSは技術および販売統合を行い、シナジー効果および合理化を実現。Focusが潤滑剤事業へ参入。

1994

グループ全体の新しいFUCHSロゴを導入。革新的でダイナミックなロゴは各会社の統合に重要な第一歩を象徴。

2000

FUCHS PETROLUBは最大独立系潤滑剤サプライヤーに成長。従業員4,000名で全世界での売上高900万ユーロを達成。

2004

Stefan Fuchs氏が 代表取締役に就任。41年間で企業をグローバル潤滑剤メーカーのエリートグループに成長させたDr. Manfred Fuchsが代表取締役を退き、後継者(息子)が受け継ぐ。

2006

FUCHSの75周年記念。全世界で4,000名の従業員と約60の支社により売上高12億ユーロを達成。

2008

2008年6月23日にMDAX株式市場にて優先株式に上場。

2010

FUCHSが「事業における行動規範」を策定。

2011

80年にわたるFUCHSの成功の記念。

2013

FUCHS PETROLUB AGが株式会社から欧州会社(Societas Europaea): FUCHS PETROLUB SEへ変更。

2015

FUCHSは売上高20億ユーロをはじめて達成。

2016

FUCHSは、歴代最大の開発投資プロジェクトを開始しました。2018年には、300万ユーロが世界的成長のために投資されます。

お問合せ

03 3436 8303
Business hours:

Mo.- Fr. 9:00 - 17:30

製品選定のご相談や、
代理店紹介等はこちらへどうぞ