Jump to content

謙虚な創設者

FUCHSのストーリーには、1931年の創業時にわずか21歳だった起業家、ルドルフ・フックスの勇気が反映されています。 彼は、世界的な経済危機にもめげず、1931年5月にマンハイムで「RUDOLF FUCHS」社を設立しました。1931年の危機的状況は、謙虚さを示唆していました。マンハイムの食肉処理場にあった簡素な箱が最初のビジネスの場でした。そこでルドルフ・フックスは、「保証付きペンシルバニア・モーターオイル」をキャニスターに詰め、意味深なブランド名「PENNA PURA」と署名して、マンハイムの港にある運送会社に販売したのです。
当時も、顧客のニーズに迅速かつ柔軟に対応することが最優先でした。例えば、ルドルフ・フックスは、顧客が緊急に潤滑油を必要としているときには、自らオイル缶を持ってマンハイムを自転車で走り回っていました。Fuchs社の自転車が他の輸送手段に取って代わられた後も、お客様とそのニーズは、今日の私たちの活動の中心にあります。

マンハイム港-ここでルドルフ・フックスは、自分の製品を輸送会社に販売しました

創業者のルドルフ・フックス

PENNA PURA - 会社初期の最初のブランドです

勇気ある一歩:セールスから製造へ

RUDOLF FUCHS社の売り上げは急上昇しました。FUCHS社の配達用自転車が乗用車に変わり、最初のサポートスタッフが雇われました。販売プログラムは徐々に拡大し、乾草用のワゴングリスや馬用の蹄軟膏など、やはり20数種類のアイテムを揃えました。しかし、ルドルフ・フックスは、輸入品や購入品の特殊品だけでは満足しませんでした。
1936年、彼は初めての自社製品製造を成功させました。夏用と冬用のトランスミッションオイルで、業界の慣習的なレシピに従って製造されていました。
1937年、ルドルフ・フックスは、フリーゼンハイマー・インゼルに建築可能な土地を取得し、現在の本社を建設しました。発掘作業は、会社のボスの指揮のもと、従業員自身によって行われました。1939年の新社屋の落成式は、自社生産の製造開始を意味しました。ルドルフ・フックスは、最初の手書きのレシピを作成し、製造指示書を作成しました。

 

RUDOLF FUCHS社の最も古い価格表

ブランド広告を掲載した初のタンクローリー

FUCHSの初代トラック

困難な時代

FUCHSでは、第二次世界大戦の勃発が大きく迫っていました。1939年1月には、重要なペンシルバニア州のエンジンとシリンダーオイルの輸入が停止してしまい、またすぐに、他の重要なサプライヤーからの原料調達もできなくなりました。供給問題に加えて、人材不足もありました。FUCHS社の男性従業員のほとんどが徴兵されたのです。以前はFUCHS製品の主な消費者であった交通・運輸会社は事業を縮小し、軍に自社の車両を提供しなければならなかったため、ルドルフ・フックスは新しい顧客を獲得しなければなりませんでした。新しい顧客は産業部門で見つかりました。次の課題は工業用オイルを開発することでした。これは必ずしも容易なことではありませんでしたが、FUCHSの柔軟性が功を奏しました。適切な潤滑油がない場合、FUCHSはすぐに新製品を開発しました。



開発のポイント:最初の化学者の採用

現在、技術的に先進的で、プロセス指向の全体論的な潤滑油ソリューションは、FUCHSの中心的な成功要因となっています。当社の専門家の世界的ネットワークは、特別な専門分野を迅速かつ効率的にネットワーク化することで、グローバルレベルでお客様のご要望にお応えしています。この基盤は、1946年に最初の化学者が採用された時にさかのぼります。今日では、500人以上のエンジニアと科学者が、世界各地の22の研究所で600以上の研究プロジェクトに取り組み、標準的なものから高度にカスタマイズされたものまで、高品質で技術的に高度な潤滑油を供給することを可能にしています。

ボールベアリング用グリスの手書きレシピ

最初の研究所

FUCHSは、潤滑油や特殊製品のビジネスで成功するためには、研究開発がいかに重要であるかを早くから理解していました

サーキットでの出来事:FUCHSの潤滑剤がモータースポーツを席巻

ルドルフ・フックスは、早い段階からモータースポーツとレース広告の可能性を認識していました。第二次世界大戦後、最初の潤滑油会社の一つとして、FUCHSは盛んなモーターレーシングスポーツのスポンサーとなり、レースサービスを確立しました。1948年に始まったFUCHSのレースサービスチームは、すぐに重要なレーストラックに登場しました。著名なドライバーはPENNA PURAレーシングオイルRCを使用しました。

新しい時代の始まり

マンフレッド・フックスの本当の情熱は芸術にありました。しかし、FUCHSの創業者である父親のルドルフ・フックスは、彼に実用的な学問を学ぶように勧めました。そのため、彼は1958年、美術学校に入学する代わりに、マンハイム大学で経営学を学ぶことを選びました。その1年後、ルドルフ・フックスが亡くなり、家族は大きな打撃を受けました。彼の息子は、学業と並行して、会社での見習い期間を経て、ファミリービジネスの責任を負うことになったのです。マンフレッド・フックスは、1963年にわずか24歳で卒業した後、後任に就きました。しかし、この新しい職務において、彼の創造性は大きな財産となりました。彼は、わずか20年の間に、地方の会社を潤滑油部門のグローバルプレーヤーに「彫刻」したのです。世界各地で30件以上の買収を行い、今後数年間でグローバル企業としてのビジョンを実現していきました。

 



お客様により近い存在に:グローバル企業への第一歩

1960年代、FUCHSはドイツ国内に留まらず、着実に発展していきました。1968年には、フランスとスペインに最初の海外子会社が設立されました。国際的な展開は急速に進みました。その後、オーストリア、スウェーデン、イタリアにも子会社が設立されました。FUCHSはブラジルなど、ヨーロッパ以外の地域でも事業を展開し、1981年には、FUCHSはオーストラリアと米国にも拠点を構えました。アジアでのビジネスの重要性も早い段階で認識されていました。1985年、FUCHSは中国で合弁事業契約を締結した最初のドイツ企業の1つであり、これは営口(Yingkou)に最初の生産施設を建設するための前提条件でした。現在、FUCHSは10万人以上のお客様が必要とする場所、つまり世界50カ国以上で活動しています。



起業家のビジョン:FUCHSの株式公開

数々の事業拡大を財政的に支えるために、マンフレッド・フックスと彼の母親、2人の姉妹は、1985年に会社を証券取引所に上場することを決定しました。しかし、将来的には家族が圧倒的な議決権を保持することになっていました。そのため、当初は優先株を発行しました。この株式は、50マルクに対して100マルクという価格で公募され、その結果、多くの応募がありました。この株式は、フランクフルト証券取引所とシュトゥットガルト証券取引所での取引と正式な上場が承認されました。1985年1月30日に取引と正式な上場が開始され、翌年には、FUCHSも普通株式を公開しました。しかし、議決権のある株式の大半は、創業家が常に参加したその後の増資の際にも、常に創業家が所有していました現在、FUCHS PETROLUB社の株式価値は約60億ユーロで、MDAXの中で最も価値が高く、成功している銘柄の一つです。株主の皆様は、過去20年間で約9,000%の価値の上昇を享受しています。

フランクフルト証券取引所での優先株式による証券取引開始時の会社と家族のキーパーソンたち

歴史的なFUCHSの普通株式証明書

FUCHSの証券取引所紹介文書

次世代のために:ステファン・フックスがリードする

41年間にわたって会社を率い、地域の潤滑油メーカーから世界の市場と技術のリーダーへと導いてきたマンフレッド・フックス博士が執行役員を退任し、息子が後を継ぎました。2004年1月1日には、ステファン・フックスにより、ファミリーの第3世代がグループのリーダーに就任しました。経営学を専攻した35歳のステファン・フックスは、それまで監査部門で2年間、北米と南米のFUCHSで3年間勤務した後、1999年に欧州事業を担当する執行委員会のメンバーとなりました。その後、Manfred Fuchsは監査役会に移り、2017年まで副会長を務めることになりました。



先見性のある投資:FUCHS社が会社史上最大の投資プログラムを開始

将来的に利益ある持続的な成長を続けるために、FUCHS社は2016年に史上最大の投資プログラムを開始しました。2016年から2018年の間に、約3億ユーロが工場の拡張と新しい生産施設の建設のためにグローバルに投資されました。例えば、アメリカと南アフリカに新しいグリース工場が建設されました。また、オーストラリアとスウェーデンに新しい生産施設が建設されました。また、中国の呉江市に自動制御システムを導入した潤滑油工場を開設しました。さらに、上海のアジア本社と研究開発拠点を大幅に拡張し、近代化しました。その後も、年間平均1億ユーロを有機的な成長のために投資し続けました。最近では、カイザースラウテルンにポリウレアの新工場を建設し、マンハイムの拠点に新オフィスビルを建設しました。

スウェーデンのフォルスにある最新鋭の工場は、最高の品質、安全性、環境基準を満たしています

オーストラリアの新工場では、高度なデジタル化、自動高速充填、耐腐食性のある配管やタンクなどが採用されています

カイザースラウテルンの拠点では、PU生産工場に加えて、新たにハイベイ倉庫、2つの生産ホール、新しいオフィススペースを拡張しました

新しい旅の始まり:FUCHS2025の取り組み

自律走行、e-モビリティ、新しいデジタルビジネスモデル、持続可能なビジネスの必要性 --- これらの課題に対応するために、FUCHSは2018年に文化、戦略、構造をテーマとしたFUCHS2025の取り組みを立ち上げます。目標は、当社のビジョンである「Being First Choice」、つまり、お客様、ビジネスパートナー、投資家、将来の従業員にとって最初の選択肢となることを実現するために、強みを構築し、組織をグローバルに整えることです。

新しいソリューションには、新しい操作方法が必要です。そして、新しい運用方法には、新しいアプローチと新しい考え方が必要です

6つの戦略的柱がFUCHS2025戦略のベースとなっています。これらは、FUCHS2025のビジョンを達成するための戦略的行動の指針となるものです

私たちは、戦略、構造、文化を目的に応じて一致させる姿勢、つまり新しい考え方で、新たな課題に対応しています

お問合せ
03 3436 8303
Business hours:

Mo.- Fr. 9:00 - 17:30

製品選定のご相談や、
代理店紹介等はこちらへどうぞ