Jump to content

潤滑油剤マネージメント パートナーシップ

FUCHSとDMG MORIは、2017年から技術パートナーシップを結んでいます。このパートナーシップの枠組みの中で、FUCHSはDMG MORIの4つの工場の潤滑油剤管理を引き継ぎ、展示された機械のフェアでの供給も引き継ぎました。

FUCHSは、長年にわたるプロセスの専門知識に基づいて、顧客の完全な潤滑油剤管理(CPM)プロセスを引き継ぐまでのモジュラーサービスを提供しています。

プロジェクト

潤滑油剤管理は2018年1月1日に開始されました。FUCHSサービスには、使用されるすべての潤滑油の充填、監視、およびメンテナンスが含まれ、クーラントが圧倒的に最大のシェアを占めています。組立部門で生産される機械は、3つの中央システムを介して供給されますが、Vils(オーストリア)の内製、ショールーム、および外部委託の生産ホールは、個別に充填されるシステムです。したがって、後者の場合、労力はかなり大きくなります。

記録されたすべてのデータは、FUCHS-CPMデータベースに文書化されています。一貫して高いプロセス安定性は、定義されたキー数値の定期的な評価によって証明されます。

使用されたクーラント:

  • ショールーム & 航空宇宙 / ダイ&モールド エクセレンスセンター: ECOCOOL TNA-IDM

  • 製造: ECOCOOL S-CO 5 BF & ECOCOOL AFC-IDM

  • アセンブリ: ECOCOOL AFC-IDM

ビーレフェルトのギルデマイスターでの潤滑油剤管理プロジェクトは2018年1月1日から始まりました。  FUCHS CPMチームは、ここで約200台の機械パーキングスペースを管理しています。ここで構築されたすべての機械のクーラントは、個別に充填され、補充され、監視され、維持され、後に再び回収されます。消費量、測定値、サービスアクションなど、収集されたすべてのデータは、FUCHS CPMデータベースにて文書化および評価されます。これは、使用済みエマルジョンが再処理され、二重壁の保管容器に保管され、必要に応じて使用のために返送される複雑なリサイクルプロセスにも当てはまります。これにより、消費と廃棄が節約され、環境バランスに永続的なプラスの効果があります。

使用されたクーラント:

  • ショールーム: ECOCOOL AFC-IDM
  • アセンブリ: ECOCOOL AFC-IDM
     

プロジェクトは2018年1月4日に開始されました。FUCHS CPMサービスは、中央システムと個別の機械にクーラントを供給します。後者は製造現場とショールームにあり、機械のアセンブリは中央で供給されます。他の2つの工場と同様に、ここでもFUCHS CPMデータベースが使用されているため、ドキュメントは完全で専門家によって保証されています。

使用されたクーラント:

  • ショールームとメディカル エクセレンス センター: ECOCOOL TNA-IDM
  • 製造: ECOCOOL AFC 1515 BW and ECOCOOL SFC-IDM
  • アセンブリ: ECOCOOL AFC-IDM

2019年1月1日以降、FUCHSは、プレシェフのポーランドの生産工場FAMOTで、2人の潤滑油剤チームによる専門的なサービスと完全な製品およびプロセス管理を提供しています。 FAMOT工場は絶えず発展しており、新しい部門が設立され、FUCHS製品の存在感はその発展とともに成長しています。エージェントの適切な油剤選定とケアとは、テスト後に完全なFAMOT承認を取得し継続的に採用されていることを意味します。

お問合せ
03 3436 8303
Business hours:

Mo.- Fr. 9:00 - 17:30

製品選定のご相談や、
代理店紹介等はこちらへどうぞ