Jump to content

ローカルに開発し、グローバルに使用する - トヨタモーター ヨーロッパとの協力関係

日本のトヨタ自動車株式会社の欧州子会社であるトヨタモーターヨーロッパ(ブリュッセル)は、初めて欧州の工場向けに潤滑油を開発しました。ここでは、サプライヤーであるFUCHSとの協力関係が鍵となり、トヨタが世界に展開する製品につながっています。

2016年、トヨタモーターヨーロッパ(TME)は、英国工場のカローラシリーズの生産ラインの改修に着手しました。新しい防錆コーティングを必要とするリニューアルでした。TMEの材料エンジニアであるVéronique Vandenberghe氏と、トヨタ自動車株式会社(TMC)の材料エンジニアであるTakahisa Sudo氏は、新しい腐食防止コーティングを開発するためのヨーロッパのパートナーを見つけることを目的としたタスクフォースを結成しました。彼らはFUCHSにマッチする企業を見つけました。2018年、Yu Takada氏がGeneral Technical Managerとして彼らのチームに加わりました。その1年後には、TMEの塗装部門のコーティングスペシャリストであるJohan Bosmans氏が入社しました。彼らは、必要なコーティングを開発するという目標を達成しただけでなく、Toyota Motor UKの塗装工場とマンハイムの欧州パートナーとともに、完全に社内で開発を行いました。

当初は英国で生産されているカローラに使用される予定でしたが、今回開発された防錆塗料は、世界中の数多くのモデルに使用されることになりました。すでに日本のトヨタ自動車株式会社からグローバル承認を得ています。

最適なパートナー探し

Takada氏とBosmans氏が率いるチームは、防錆剤のチクソトロピックを意味する "Anticorit CPX "と名付けられたコーティング剤の開発で、新たな品質を発揮しました。実際、ヨーロッパの子会社では、素材を導入するだけでなく、ヨーロッパの現地サプライヤーと一緒に開発することもできるようになりました。これは、トヨタ自動車の研究開発本部が心から支持する変化です。「このような機会を与えてくれたトヨタ自動車本社に感謝しています」とTakada氏は語ります。 

新しい防錆剤が必要とされた要因の一つは、英国工場のアプリケーションエリアの短さでした。そこで課題となったのが、塗布後の液ダレを防ぐための新たなアプローチです。これを解決するには、材料のレオロジー特性を変えるしかなく、そのためには、より早く硬化させる必要がありました。また、Anticorit CPXの用途が空洞部の保護であることも、新製品開発に有利に働く要因の一つでした。特にロッカーエリア(ドアの下にある、車のボディの一部)の保護が重要で、ここに適用するためには、使用されているスプレー技術に適合する材料でなければなりません。さらに、工場が短時間停止した場合でも、性能を損なうことなくパイプラインに再循環させることができることも必要です。

「このような特殊な要件を考慮して、トヨタ自動車ヨーロッパのVéronique Vandenberghe氏とトヨタ自動車株式会社のTakahisa Sudo氏は、適切なパートナーを探すことになりました」とTakada氏は説明します。彼らは最終的に、自分たちが求めていたものをFUCHSで見つけ、比較的早く協力関係を結ぶことを決定しました。

“このプロジェクトのおかげで、日本のトヨタ自動車は今後、海外の関連会社にもっと素材開発を任せるようになると思います。”

YU TAKADA, TECHNICAL GENERAL MANAGER RESEARCH & DEVELOPMENT MATERIAL ENGINEERING DIVISION



グローバルローカリティで効率化

ワックス状のポリマー「Anticorit CPX」は、すでに米国のトヨタで採用されていました。この製品は、顧客の要望に応じてカーディーラーが手作業で、上塗りの上に2層目の防錆層として塗布していました。そこで、潤滑剤のスペシャリストであるFUCHS社は、この製品を新しい生産ラインの要件に合わせて採用しました。「FUCHS社は私たちの特別なニーズを素早く理解してくれました。また、FUCHSの研究開発部門は、この製品を世界中で生産するために承認されたすべての原材料や配合のバリエーションに精通しています」とJohan Bosmans氏は強調します。「このことは、現地の要求に応じてAnticorit CPXをスムーズにカスタマイズするための重要な要因となりました」

“FUCHS社のR&D部門は、この製品を世界中で生産するために承認されたすべての原材料と配合のバリエーションに精通しています。このことは、現地の要求に合わせてAnticorit CPXをスムーズにカスタマイズするための重要な要素となりました。”

JOHAN BOSMANS, RESEARCH & DEVELOPMENT MATERIAL ENGINEERING DIVISION – PAINT DEPARTMENT



しかし、現地の要求に応えることは、話の半分にすぎません。「潤滑油やコーティング剤、塗料に関しては、トヨタは車種別に考えていません」とBosmans氏。そのため、トヨタはAnticorit CPXを特定のモデルや特定の地域でのみ使用されるコーティング剤とは考えていませんでした。「現在、このコーティングはイギリスのトヨタの製造工場で使用されていますが、その適用範囲はヨーロッパや世界のさまざまなモデルに及ぶ可能性があります」

その理由は明確で、「効率」です。グローバル企業は、世界中の生産プロセスを統一的に設計すればするほど、関連するコストを削減することができます。これは、サプライチェーンマネジメントだけでなく、想定されるリスクについても同様です。「例えば、あるサプライヤーの主要施設が何らかの理由で閉鎖され、その製品が他の場所で生産されないとします。その場合、当社は生産活動を停止するしかありません。しかし、FUCHS社のようなサプライヤーが世界中のさまざまな場所で製品を生産していれば、このようなリスクは簡単になくなります」とBosmans氏は説明します。

努力が実を結ぶ

「Anticorit CPXのグローバルな承認を得るために、私たちは既存の製品のレオロジーを調整し、液だれや移行を防ぎました。同時に、新たに開発した製品の臭気と排気の特性を下げるために、いくつかの成分をより近代的なものに置き換えました」と、マンハイムにあるFUCHS社のグローバル・プロダクト・マネジメントの腐食防止剤とクリーナーの責任者であるGeorgios Savvanis氏は説明します。「しかし、非常に多くのテストを行う必要がありました。世界中のトヨタ拠点の様々なローカル要件との互換性を保証しなければならなかったのです。これには大変な労力を要しましたが、結果的にはそれが功を奏しました。

Takada氏はこう述べています。「私たちは、グローバルに使える製品を常に求めています。また、サプライヤーの数が減れば、サプライチェーンが複雑にならず、リスク管理も容易になります。FUCHSのように製品をグローバル化できる潤滑油メーカーは非常に珍しいです」

“私たちは、グローバルに使用できる製品に常に関心を持っています。また、より少ないサプライヤー数により、サプライチェーンが複雑にならず、リスク管理も緻密にならない利点があります。”

YU TAKADA, TECHNICAL GENERAL MANAGER RESEARCH & DEVELOPMENT MATERIAL ENGINEERING DIVISION



コミュニケーションが重要

FUCHS社では、このような複雑な開発協力を成功させるためには、グローバルレベルだけでなくローカルレベルでも、機能や部門を超えて、また関連会社を超えて、コミュニケーションとコラボレーションを行うことが重要な要素であると考えています。Ken Nakamuraは、イリノイ州ハービーにあるFUCHSの拠点で、日本における潤滑油会社の主要顧客を担当しています。Georgios Savvanisとともに、トヨタの研究開発部門との調整やコミュニケーションを担当しています。「実際には、専用の組織を設けて、グローバルとローカルの両方で同時にトヨタとコミュニケーションをとっています。トヨタの経営陣とはもちろんのこと、海外の各子会社にもローカルコンタクトを設けています」。 これは、トヨタにとっても非常にありがたい取り組みです。

Takada氏曰く、「開発パートナーとのオープンで透明性の高いコミュニケーションを維持することは、コーティング開発のような複雑なプロセスには絶対に欠かせません」。 FUCHS SCHMIERSTOFFE GmbHのR&D部門との連絡は非常に密でした。「FUCHSが行ったことはすべて根拠があり、透明性のあるコミュニケーションがとれていました」 これは、使用する製品を正確に理解することに大きな価値を置く、大手自動車メーカーにとって重要なポイントであり、トヨタ・モーター・ヨーロッパが自立して現地での開発に取り組むためのマイルストーンでもあります。

お問合せ
03 3436 8303
Business hours:

Mo.- Fr. 9:00 - 17:30

製品選定のご相談や、
代理店紹介等はこちらへどうぞ