Jump to content

DMG MORI AND FUCHS – 2社は強力なパートナー

世界有数の工作機械メーカーであるDMG MORI社とFUCHS社は、技術的リーダーとして長年にわたり密接な関係を築いてきました。両社は協力して、革新的な製品開発により、工作機械用潤滑油の分野で新たな基準を打ち立てています。

潤滑油は、技術的な機器や機械の動作には絶対に欠かせないものです。ドライブトレインやハイブリッドモーターなどの可動部品は、オイルやグリースなどの潤滑剤が不足すると、すぐに摩耗が始まります。これは、複雑な工作機械ではなおさらです。そのため、DMG MORIはこの種の機械のトップメーカーとして、システムに最適な潤滑剤を使用するのは当然のことなのです。DMG MORIが潤滑剤メーカーであるFUCHS社と技術提携を結んだのは、まさにこの理由によるものです。これは、機械メーカー、潤滑剤メーカー、そしてそれらの共通の顧客に至るまで、関係するすべての人に利益をもたらすものです。

DMG MORIのユニバーサルターニングマシンCLX 450 TCは、4,000rpmで動作します。スピンドル、油圧部品、スリップウェイのすべてが最適な潤滑状態でなければ、究極の精度は得られません。

完璧なシステムだけではありません

グローバルマーケットリーダーであるDMG MORIとFUCHSの技術提携は、2014年に中国でのプロジェクトから始まりました。2017年からは、ヨーロッパ市場でもその価値を証明しています。実際、このパートナーシップは非常にうまくいっており、機械・システムメーカーは今日、FUCHSに潤滑油の技術パートナーを見つけました。「このように、私たちは現在、1つのサプライヤーとしか仕事をしていません。DMG MORIでFUCHS社との技術提携を担当するプロジェクトマネージャーのMichael Ziegler氏は次のように説明しています。「これは、多数の異なるサプライヤーを調整しなければならなかった以前のシステムよりもはるかに優れています。「しかし、FUCHS社との密接な開発協力から得られる重要な付加価値は、間違いなくお客様にとってのメリットです」。

「今日の世界では、工作機械を購入する企業を完全に満足させるためには、単に完璧なシステムを提供するだけでは不十分です」と、FUCHS社の製品管理部門のアプリケーションエンジニアであり、DMG MORI社のヨーロッパ、アジア、アメリカにおける潤滑剤に関するすべての質問の窓口でもあるJens Tempelは説明しています。「お客様は単に機械を購入するだけではなく、ご自身の特定の要件に完全に適合したソリューションを期待しています。例えば、完璧にマッチした潤滑油を継続的に供給することは、このソリューションの一部です」。DMG MORIと協力することで、FUCHSはこの2つのベースをカバーすることができます。

"DMG MORI認定製品 "で顧客満足度を高める

2020年末より、DMG MORIとFUCHSは、「DMG MORI Qualified Products」プログラム(DMQP)という特別な枠組みの中で、「潤滑油の供給」サービスをはじめとするサービスを提供しています。DMQPとは、「DMG MORI Qualified Products」プログラム(DMQP)のことで、「あらかじめ選定されたテクノロジーパートナーとのコラボレーションにより、工作機械に最適な機械部品、周辺機器、アクセサリーをお客様に提供する」というものです。DMQPは、品質と持続可能性を象徴する承認印です」とDMG MORIのDMQP エグゼクティブディレクターであるChristoph Grosch氏は説明します。

では、このプログラムは具体的にどのように機能するのでしょうか?「顧客はDMG MORIから完全なパッケージを受け取ります。DMG MORIのシステムは、それぞれの機械とその特定の用途に正確にマッチした完璧な潤滑剤のセットアップを行います」とJens Tempelは説明します。「DMG MORIの機械には工場でFUCHSの潤滑剤が充填されます。DMG MORIの機械には工場でFUCHSの潤滑剤が充填されていますが、エンドユーザーは購入時にDMQP証明書を発行してもらうことができ、それを使ってFUCHSに潤滑剤の補充用パッケージを注文することができます。これは、最初の6ヶ月間のサービスキットのようなものです」。企業は当然、どのFUCHS製品を購入するかを自由に選ぶことができます。しかし、正しい判断をしていただくために、ここにいるFUCHSの従業員が常にアドバイスをしています。また、必要に応じて世界中の各施設に出張することも可能です。「これはFUCHS社が世界的に事業を展開しているからこそ提供できる特別な機能です」とTempelは付け加えます。DMQP(DMG MORI Qualified Products)プログラムを利用することで、世界中のDMG MORIの顧客は、常に潤滑剤の専門家がそばにいることになります。

しかし、このコンサルティングは、工場で機械に添加される中央潤滑グリース、スピンドルオイル、油圧オイル、冷媒だけを対象としたものではありません。例えば、これらの潤滑剤を補充する際に、コンクリート用途に適した冷却用潤滑剤を推奨することができます(DMG MORIの施設でまだ提供されていない場合)。これは、特定のプロジェクトを念頭に置かずに機械を購入した場合に重要なことです。結局のところ、冷却潤滑剤の正しい選択は、常に正しいアプリケーションに依存します。このコンサルティングサービスはDMQPプログラムに含まれています。

グローバルでの利用を保証

「しかし、お客様が特定の場所で特定のアプリケーションのために機器を購入する場合、DMG MORIの施設では、FUCHSの最適な冷却潤滑剤を使用して、当該機械の慣らし運転がすでに行われています」とMichael Ziegler氏は説明します。「その後、私たちは当然、この冷却潤滑剤をさらに使用することをお勧めします」。例えば、北欧諸国でのアルミニウム加工用途には、軟水での使用に適した水混じりの冷却潤滑剤を選択する必要があります。

DMQPプログラムに基づくパートナーシップは、サービス作業が必要な場合にも活かされます。「例えば、トランスミッションの交換が必要になった場合、お客様は当社の従業員と連絡を取ります。その従業員は機械の損傷だけでなく、必要なFUCHS潤滑油の交換も行います」

DMG MORIの顧客にとって、潤滑油に関して非常に重要な要素がもう一つあります。それは、世界中で入手できるということです。結局のところ、購入した機械は世界各地で使用され、潤滑油の使用に関する環境および安全関連の規制は国によって異なります。したがって、工作機械を購入する人は、使用する冷却用潤滑油が適用されるすべての規格と仕様に準拠していることを確認する必要があります。「FUCHS社との独占的なパートナーシップは、まさにこれを保証するものです。FUCHS社の製品を世界中で入手できることは、マンハイムのパートナーの真の強みの一つです」とMichael Ziegler氏はコメントしています。

FUCHSからのフルパッケージ

最高の開発基準で安心して使えます

DMG MORI向けの特殊な潤滑剤に対する厳しい要求を満たすために、製品は厳格なルールに基づいて開発されています。「DMG MORIの承認を得るためには、VDIガイドライン3035に加えて、すべての潤滑剤がDMG MORI専用の規格に準拠していなければなりません。この規格は、工作機械に装着されている材料との互換性を規定しています」とJens Tempelは説明します。これらの規格に適合した場合にのみ、開発プロセスは、医療工学や高性能機械加工など、特定のアプリケーション分野の詳細段階に移行します。「DMG MORIの製品の例としては、チタン、耐腐食性ニッケルベース合金、高合金鋼などの難削材用の高機能潤滑剤である、冷却用潤滑剤ECOCOOL TNA-IDMがあります」と述べています。

IDMとは、「Initiated by DMG MORI」の略で、冷却用潤滑油だけでなく、FUCHS社との技術提携により開発された、油圧作動油、中央潤滑グリース、スピンドルオイルなどを指します。近い将来、冷却媒体にも使われるようになるでしょう。Tempelは「これは、この協力関係の中で、まだ解決していない最後の重要課題です」とコメントしています。「しかし、私たちはすでに、スウェーデンのFUCHS社の専門知識を活用して、適切な製品を開発しています」。このプログラムは、ある種の包括的なパッケージを提供することで完成します。

お問合せ
03 3436 8303
Business hours:

Mo.- Fr. 9:00 - 17:30

製品選定のご相談や、
代理店紹介等はこちらへどうぞ