Jump to content

世界で類のないXTL® テクノロジー

エンジンメーカーの要件を満たす最新鋭の自動車エンジンオイルは、非常に高い性能を提供します。しかし、エンジン設計のダウンサイジング効果などで、エンジンオイルと関係がある温度負荷の重要性が高まってきています。エンジンが常に安定して作動するために必要な気候条件もさらに変動する傾向にあります。さらにスタート/ストップシステムなどの省エネテクノロジーには、始動特性およびエンジンオイルの潤滑信頼性に特殊な要件が必要となります。またメーカーが指定するサービスライフ全体を通じて、エンジンオイルにかかる負荷が顕著に上昇しています。これにはオイルが必要とされる箇所に迅速に到達させることが重要となります。

そのため、ドイツ国内の自動車産業を始めとする初期充填分野をリードするフックス は、さらに長期寿命で、安定した性能を提供する新しいエンジンオイルテクノロジーを開発しました。この新しいベースオイルテクノロジーの重要な技術的優位性は、最適化された粘度温度挙動にあります。市販のベースオイルと比較して、新しいXTL® テクノロジーは、特に高い粘度指数を発揮します。

これはつまり、粘度が温度から影響を受けることが少なく、非常に高温あるいは寒冷地などの極端な作動条件下でも、優れた潜在性能を提供することを意味しています。

この性能には、厳しい一連の試験が実施されました。たとえば、現在のSAE 5W-30テクノロジーが採用された市販のエンジンオイルと同じ粘度の新しいXTL® テクノロジーが採用されたエンジンオイルを-27°C のコールドチャンバーでそれぞれの始動挙動を点検することを目的とした試験では、XTL®エンジンオイルテクノロジーが市販のSAE 5W-30エンジンオイルよりも全面的に明らかな優位性を確認することができました。

  • 優れたコールドスタート挙動: 最大55%早い潤滑時間、および最大35%早いスタート時間
  • 低燃費: 燃費を最大1.7%追加削減
  • 低オイル消費: オイル消費を最大18%削減
  • 向上された経時安定性、摩耗低減: 38%低い粘度上昇、オイル交換間隔全体を通じて向上された性能および作動信頼性
  • E10による向上された保護: 新しいE10燃料に含まれるエタノール成分は、酸化によって酸類を形成し、腐食や摩耗を招く場合があります。優れた中和性能および酸化安定性を備えた新登場のXTL® エンジンオイルは、これらを最適に処理する特性を持ち、さらにエンジンを保護します。

最高級プレミアムエンジンオイルTITAN(タイタン) GT1 EVO SAE 0W-20, TITAN GT1 PRO V SAE 0W-20, TITAN GT1 SAE 0W-20, GT1 PRO FLEX SAE 5W-30, GT1 PRO C-3 SAE 5W-30, TITAN GT1 SAE 5W-40, TITAN GT1 LL-12 FE SAE 0W-30 およびTITAN GT1 PRO B-Tec SAE 5W-30 これらすべてに新しいXTL® テクノロジーが採用されており、主要なエンジンメーカーから既に承認を受けています。

* 低粘度指数のオイルは、高粘度指数のオイルよりも温度変化による影響をより受けます

資料のダウンロード

お問合せ

03 3436 8303
Business hours:

Mo.- Fr. 9:00 - 17:30

製品選定のご相談や、
代理店紹介等はこちらへどうぞ